今年70歳の戸塚ヨットスクール校長サプライズで登場!「教育を悪くしたのはマスコミ!」と痛烈コメント

5日、ポレポレ東中野で、戸塚ヨットスクールの実態に迫ったドキュメンタリー映画『平成ジレンマ』が初日を迎え、齊藤潤一監督、阿武野勝彦プロデューサーが登壇。さらに客席に戸塚宏校長が登場するというサプライズもあった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110205-00000008-flix-movi

おー、これは懐かしい。

いろいろ問題はあったのかも知れませんが、引きこもりとかニートとかの問題と正面から向き合っていた方ですからね。

一目おく必要はありますね。

それにしてもマスコミ批判....ということですが、まあ、マスコミはバカの集まりですから、批判されるのは当然でしょうね。

posted by ニート at 01:24 | ニート

「ニートはどうして男だけなの?」 そんな疑問が正しくないワケ

 「ニートはどうして男だけなの?」。そんな疑問でネットが盛り上がっている。確かにテレビ、雑誌などが報じるニートは男性ばかりだ。「男は女を見習うべきだ」といった意見も出ているが、実際は男女半々なのだそうだ。とすると、なぜ、男性ニートばかりがクローズアップされるのか。

■「男が女性を見習うべきだと思います」

 巨大掲示板「2ちゃんねる」に2008年7月9日にこんなスレッドが立った。

  「どうしてニートは男にしかいないのか?」

これに対するカキコミには、

  「男がもう少し女性を見習うべきだと思います」
  「女は働かず結婚すべきという偏見があるから、ニートと呼ばないのです」
  「女は家事手伝いを公言できるから」

 一般的なニートの定義は、学校に通っておらず、働いてもおらず、職業訓練も行っていない、15〜34歳までの若年者。内閣府が05年7月に出した「青少年の就労に関する研究調査」によれば、02年のニートは約85万人。この調査では、メディアによく引用される厚生労働省の「労働経済白書」(04年)のニートの数字52万人と比較している。この数字の開きは「家事手伝い」を含むか含まないかの差だと表記している。「家事手伝い」とされているのは女性がほとんど。実際のニートの男女比は半々なのだそうだ。

(J-CASTニュースから引用)


なるほど、これにはきづきませんでした。「家事手伝い」....そうですね。ニートっちゃあニートですね。

そういう意味では男性って大変ですね。あまりプレッシャーかけちゃいけないですね。

黒い太陽 佐伯チズ
posted by ニート at 23:35 | ニート

ニートとは?ニートの意味

ニート(NEET)とはイギリス発祥の言葉で“Not in Employment, Education or Training”、つまり働いていない、学校に通っていない、職業訓練も受けていない人々を意味します。

日本でニート人口などの統計数値が計算されるときは、15〜34歳となっています。


ニート人口の増加はヨーロッパで大きな社会問題となっており、日本でも近年ニートの問題が注目を集めるようになってきました。


政府の統計によれば、日本のニート人口は2005年で87万人となっており、年々増加傾向にあるといいます。


最近では、ニートという言葉を「何もしない人」「何かに対して意欲がない人」ととらえ、そこから派生して「社内ニート(会社でろくに働かない人)」、「恋愛ニート(恋愛に意欲のない人)」といった言葉も登場してきています。
posted by ニート at 23:25 | ニート

ニートと「ひきこもり」

ニートという言葉を、「ひきこもり」と同じ意味でとらえる人が少なくありません。


確かに、ひきこもりの人は多くの場合ニートに含まれるといえるのでしょうが、ニートという言葉はもっと広い意味で用いられています。


日本のニート人口は、2004年の段階で87万人といわれていますが、政府が算出したこの数字には「働きたくても働くことのできない人」つまり障害者も含まれています。


このように、ニートと呼ばれる人たちの中には、単に家の中で怠惰な生活を送っているのではなく、様々な障害や困難を抱えている人も少なくないのです。


また、このニート人口の中には「家事手伝い」の人の数も含まれています。
posted by ニート at 22:39 | ニート

ニート対策 デュアルシステム

ニート・フリーター対策としてデュアルシステムが注目されています。


「デュアルシステム」は、政府が進める「若者自立・挑戦プラン」の中で「ジョブカフェ」と並ぶ大きな柱の一つとなっているものです。


デュアルシステムとは、職業訓練システムの一つで「働きながら学ぶ、学びながら働く」ことで、若者を職業人に育てるというものです。


具体的には、国からの委託を受けた民間の職業訓練校などが、若年失業者を対象に、職業訓練校での講義と、実際の企業での実習活動とを並行して行ないます。


デュアルシステムには、いくつかのコースがあり、コースごとにレベルや期間が異なっています。
posted by ニート at 22:28 | ニート

ニート対策

ニート・フリーター対策として政府が進めているものに、“若者自立・挑戦プラン”と呼ばれるものがあります。このプランの中心となっているものの一つが“ジョブカフェ”です。


ジョブカフェとは、学生や若年失業者などに対して就職の支援をするためのもので、企業・求人情報の提供の他、カウンセラーが就職や将来についての相談を受ける「カウンセリング」、起業支援、職場体験プログラムの提供などを行なっています。


ジョブカフェは事業主体が都道府県であるため、提供されるサービスの内容は地域ごとに異なっています。

また、内閣府がすすめる再チャレンジ支援、厚生労働省がすすめる若者自立塾、そして文部科学省がすすめる予防授業や職場体験なともあります。
posted by ニート at 03:36 | ニート

ニートになる心理要因

ニート人口が増加したのは、いわゆる社会的背景だけが原因ではなく、若者の心理状態とも密接に関係しているといわれています。


まず指摘されるのが、若者の中に「親から独立しようとする意欲が乏しくなってきている」ということ。


これは「自分が働かなくても親が養ってくれる」という心理が背景にあるといわれています。豊かさの代償といえるかもしれません。


また、「テレビゲームなど“一人遊び”の機会が増えたこと、もしくは親の過保護などの影響で、友人とのコミュニケーション能力が十分に育たなかった」というのも、引きこもり型のニートになる原因の一つと考えられています。


これら以外にも、「知識・能力に自信が持てない」「職業に対する知識が乏しい」「仕事に対する忍耐力がない」といったことも、若者がニートになる大きな心理的原因であるといわれています。
posted by ニート at 03:31 | ニート

ニートの原因

ニート人口が増加し続ける原因は一般に格差の拡大が主要因となっているといわれています。


特に、昨今のニートの急増理由としては職業に関係する「就職氷河期の影響」「新卒者限定採用」「実務経験者優先採用」などがあげられるケースが多いです。


バブル崩壊の影響によって1993年頃からおよそ10年間、有効求人倍率が1.0を切る就職氷河期が続きました。


その影響で就職できずにフリーターなどになった者が30歳を過ぎる年齢になり、アルバイトとして採用されることも難しくなってきています。


こういった状況がニートを増加させる大きな原因となっているといわれています。


また、団塊世代の大量退職を見越して、2006年頃から求人数を増加させる企業が現れていますが、そのほとんどは新卒者のみを対象としたものであり、ニート減少にはつながりませんでした。


さらには、会社が中途採用を行なう場合、即戦力となる実務経験者を求める場合が多く、就業経験のないニートは採用されにくいという現実があるのです。
posted by ニート at 03:25 | ニート
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。